逆タマ大学のレビューと評価

■ 著者
大友京時

■ 販売業者
Diversified Prime Group of the Philippines,lnc.

■ 運営責任者
村上 宗嗣

■商品名
逆タマ大学


逆タマ大学の目次
第0章
はじめに
あなたはこれから知る事になります。
謎とは知らない事であり不思議とは間違った認識だという事を。

第1章
すべては奇跡
結論を先に用意してから動いてはいけない。
都合の良い情報だけを選択するようになります。
それがネガティブなことであっても、です。

第2章
世界の中心は自分
世の中には数多くの境界がある。
しかし境界の多くはいい加減なものです。
時には馬鹿みたいなものまであります。

第3章
思想は行動に
現れるなるようにしかならないのが心です。
多くの歯車で出来ていますが数えられないほどではない。
1つずつ理解すれば良いのです。

第4章
運命を変える行動
起こり得ない事は絶対に起こらない。
一度起きた奇跡はもう奇跡ではなくなります。
振り返らず世界に触れる事が大切です。

第5章
行動こそ精神進化の鍵
脳が心を支配しているのではない。
心が脳を支配していると知る事が重要です。
脳の詭弁に飲み込まれてはいけません。

第6章
すべては理解の為に
時を遡り真実を掴む。
隠されている心に意味は無い。
語られぬ領域に踏み込む事です。

第7章
精神の接点と密度
動機とは納得させるためにあるもの。
意図的に特殊な非日常を生む事で幻想とも呼べるものが日常と化す。

第8章
すべては言葉に
探しに行くのではありません。
全ては常に自分に備わっています。
私はそれをどんな状態でも引き出せるようにするのです。

第9章
イニシアチブ
世界には対象が転がっています。
比較する対象と尺度を理解して成立させる。
そうする事で問いかけるのです。

第10章
究極のデートコース
自分は何者だろうと問いかける。
問いかけるのはいいが答えを出してはいけない。
それは久遠に有り理想のごとく。

第11章
関係性の視覚化
無秩序、混乱の中では決定できません。
定義を与える事で確実に達成できるものとなります。
しかし意味のない事だと理解してください。

第12章
自腹の理論とトリガー
何かを信じる事と失う事は同義である。
人格というものの枠がない事を知ればいいのです。
すべてにおいて枠を壊す事です。

第13章
タイムラインと予測変換
なにが起きても世界は変わらず動いている。
世界は自分には寄り添ってはくれない。
自分を世界にあうように切り刻むのです。

第14章
精神のマッピング
先進的で革新的な試みは範疇を超える。
人世には最初から意味も何もないという事です。
生きているという事にしか意味がない。

第15章
感情を揺さぶる表現
日常から非日常を覗けば恐怖となる。
非日常から日常を覗けば馬鹿馬鹿しくみえる。
線を引くのは自分の脳だ。

第16章
夏の終わりに
決して語ってはいけない。
その箱を開けてしまえば闇が溢れる。
真実は隠されている事で力を発揮するのだから。

最終章
最後の詩
なにもないことをしりました。
ふりかえりはしないのですが。
しかしうれしくもあるのです。

可愛くて家庭的な女を口説く話術テンプレート
性行為好きの女を口説話術テンプレート
金持ちの女を口説きヒモ生活を送る話術テンプレート


逆タマ大学の評価
非常にオリジナリティのある文章で読んでいて面白いです。ただノウハウを書きましたというだけでなく、文章に温かみがありストーリーがあり読者を引き込みます。

それもそのはず、運営責任者の村上宗嗣さんは、伊勢隆一郎、佐藤文昭、小島幹登と並ぶネオヒルズ族の一人でコピーライティングのプロフェッショナルです。彼にセールスレターを書かせれば、売れない商品が飛ぶように売れてしまいます。

著者の大友京時さんは村上宗嗣さん自身、もしくはその部下で村上宗嗣さんが編集を関わっているのでしょう。

ただ、1つのノウハウを説明するのにすごい長いです。たとえば、女の子を落とすにの共有と共感は大切というのに、一般的な恋愛商材販売者は1500文字で説明します。ですが、大友京時さんはそれを6000文字で説明します。

例えば10章。文字数で言うと約5100文字です。内容は究極のデートコースの場所は個室での食事、なぜならまずはお互いを理解する必要があるからそして楽しい時間、真面目な時間、ロマンチックな時間を過ごしましょう、という内容です。おそらく一般的な恋愛商材なら2000文字から2500文字で説明する内容でしょう。

ですが、文章が長くても内容が面白いので読んでいて苦にはなりません。
そこらへんは、さすが村上宗嗣さんです。

上の目次を見て下さい。ここでは、『金持ちの女を口説きヒモ生活を送る話術テンプレート』のレビューを書きたいと思います。

『金持ちの女を口説きヒモ生活を送る話術テンプレート』のレビュー

ヒモ男を受け入れてくれる女性のタイプは、忙しい人、田舎から都会にやってきて都会に知り合いがいない、さらにMの人です。職業で言うと風俗嬢、キャバ嬢、士業関係になります。

士業とは弁護士、公認会計士などの職名の最後に士がつくものです。

そしてヒモになるには、プライドを捨て、家事ができ、さらに押しが強いことが大切と大友京時さんは言っています。

大友京時さんは何も言っていませんが、風俗嬢やキャバ嬢を落とすのであれば、ある程度のルックスも必要かと思います(男性が金持ちであれば不細工な人でも風俗嬢やキャバ嬢と付き合うことができますが、私は不細工、金無しで風俗嬢やキャバ嬢のヒモをしている人を見たことがありません。ヒモになるなら、彼女たちの観賞用としてある程度の見て美しい顔であることは大切な要素です。)

彼女たちに出会う方法として大友京時さんはナンパをしようと言っています。ナンパするときは共通の趣味があることを利用して話しかけるという方法を紹介していますが、ナンパという時点で多くの人にとっては敷居が高くなりますね。そもそも風俗嬢やキャバ嬢のナンパというとかなりハードルが高いです。かなりこの時点で限定されるかと・・・・

ヒモになる方法として同棲するのがですが、最初の2ヶ月は家賃を払い、現金がなくなったという設定をして、女性に金を払わせる、さらに自分は夢を追いかけるアーティストだからお金がないけど、いつかおまえを幸せにしてやるという設定で女性のヒモになるというのは、なかなか小悪魔ならぬデーモンだなと思いました。

そんな逆タマ大学をA級商材に認定します。