坂本塾のレビュー&評価

■販売業者
アカデミアジャパン株式会社

■運営責任者
石田健

■商品名
坂本塾

■販売者名
坂本宏


坂本塾の目次
はじめに
本編に入る前に
第1章 オーバーチュアを理解する
第2章 オーバーチュアアカウントの取得方法
第3章 オーバーチュアリスティングの出稿方法
第4章 ペラページなら10分で入札設定まで完了させる方法
第5章 PPC広告で稼げるテンプレートの作り方
第6章 稼げるキーワードの見つけ方
コラム ちょっと一息
第7章 広告を継続するか否かの見極め方
第8章 クローズド案件を開放する方法
第9章 レビューサイト成功術
第10章 オーバーチュアの有効な先行者利益の出し方
第11章 驚異の回収率300%究極のロングテールPPC
第12章 広告費の管理のしかた
第13章 PPCブラック
第14章 ASP担当者への交渉術、有益な情報を引き出す方法
第15章 リスティングの仕事をスタッフと分担(分業)する
終わりに



坂本塾の評価
坂本塾の真髄は、オーバーチュアを使って利益を出すというものです。オーバーチェアに広告を出稿して、ヤフー検索の上側や左側にでてくる広告から訪問者を自分が運営するホームページに集めます。

そして自分のアフィリエイト広告が掲載されたホームページに誘導した訪問者に商品を買ってもらい利益を出していきます。

通常、ホームページに訪問者を誘導するにはSEO対策をしたり、ホームページ自体のボリュームを増やしたり、とにかく時間がかかります。アクセス数が集まった時には、すでにタイミングを逃し、ブームはさってしまったということになりかねません。

ですが、オーバーチェアを使った場合、ホームページ自体は1ページから3ページほどのシンプルなホームページでいいので、作るのが楽です。HTML言語がわからなくても、テンプレートを購入し、あとホームページ制作ソフトがあれば、誰でもホームページを作ることができます。

坂本塾で勉強すればどうやってお得な広告を見つけるか、どのような広告文を作ると利益を上げることができるのか、利益を上げるための広告の管理方法などがわかります。

ちなみに坂本塾では1万円の広告費をかけた場合、3万円を回収するのが目標です。利益率の高い商品をアフィリエイトを使って販売するのであれば、この方法は稼げると思います。

せどりでは、ブックオフなどで本を安く仕入れて、それをアマゾンやYahoo!オークションなどで売ります。在庫がでるというリスクはありますが、誰でも始めることができるリスクの低い商売だと思います。

オーバーチェアも同じです。広告費というお金がかかりますが、その広告費も自分で管理することができるので、まずは副業としてオーバーチェアを使ったアフィリエイトでお金を稼ぐというのは挑戦してみる価値があると思います。

ただ、私としてはわざわざ坂本塾に入らなくても、自分で利益率の高い高額な商品を探してきて、ライバルがいるかどうか、どのような広告だと安くで入札できるか考えて、そして広告対利益のバランスを考えて、利益のでているキーワードはそのまま残して、利益のでていないキーワードは削除して全部、自分でできるのではないでしょうか。

坂本塾の入塾費用は298000円ととても高額です。確かに実際にオーバーチュアの広告を使って利益を出している人のアドバイスは非常に役に立ちますが、298000円は非常に高いです。それなら、この298000円を、実際にオーバーチェアの広告費として使って、失敗しながら学んだほうが、より自分自身の血となり肉となるかもしれません。

ですが、実際に丁寧なサポートがあり、坂本塾の塾長の指示通りにすれば、利益が上がるというのであれば、入塾する価値はあると思います。

ただ、実際にどれくらいの人がオーバーチェアを利用しているのか、少し調べてみました。すると、たとえば『ダイエット ファンケル』『ゴルフ 英語教材』『英語教材 比較』などです。すると、ほとんどが業者さんで、アフィリエイターとしてオーバーチェアを利用している人は少ないです。

すくない理由は、以前はオーバーチェアをしていたけど利益がでなくなったので撤退したということかもしれません。もし、利益のでる商売であれば、たくさんの個人アフィリエイターのホームページを見つけることができるはずです。ですが、いないということであれば、やはりオーバーチェアを使ったアフィリエイトは難しいんじゃないかなと思いました。

実際に私はオーバーチェアを使ってアフィリエイトをしたことがないので、そこらへんはわかりません。一度、いろいろなキーワードでヤフー検索してみて、どれくらいの人がオーバーチェアをつかって商売しているのか調べてみてください。少ないのであれば、儲からない。一方、多くの個人アフィリエイターの広告を見つけることができれば、その広告は儲かる広告で、その商売自体もまだやる価値があるということだと思います。

高額ですが、坂本塾を購入することで得られる価値ある情報はあります。そんな坂本塾をA級優良商材に認定します