日英比較「英語のしくみ」のレビューと評価

■販売責任者
長田直子

■執筆者
山本柊介

■商品名
(改訂版)大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」入門 日本語がわかれば、英語はわかる


大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」の目次
※商品販売ページにてもっと詳しい目次があります。

第1章 はじめに何を知っておくべきか? (人間はみな同じ頭のしくみをもっている)
序 「私は学校へ行きます」<月夜の海に浮かべれば>
1 「あした行くか?」 <フレームと欄>
2 「オレ、車、買った!」 <フレームの威力と限界>

第2章 「欄」の順番は日英でどうちがう? (だいじなことは一つだけ)
3 電車道の英語 <吸い寄せ型の欄順>.
4  ブーメランの日本語 <逆吸い寄せ型の欄順>
5  ふたたび、人はみな同じ <二つのパターン>
6 Aの中のB、Bの中のA

第3章 「犬」は‘dog’か? (ものを見る目の日英の差)
7 「この犬がほしい」 <英語の目(1):指示語+名詞>
8 「犬がほしい」 <英語の目(2):冠詞+名詞>
9 「犬が二匹」 <英語の目(3):two dogs>.
10 「犬が好き」 <英語の目(4):裸の複数形dogs>
11 「水」と「犬」<英語の目(5):裸の名詞dog>

第4章 「私は学校へ行きます」はなぜヘンか? (現在、過去、進行中の時間感覚)
12 「父は犬が好き」<主語と動詞:s形ルール>
13 日本語にも「三単現の‘s’」はあるか?
14 「いま」って、いつ? <動詞現在形>
15 「英語を教えています」<「線」のみ>
16 もう一つの「いま」 <〜している最中:進行形>
17 「た、だ」と「t, d」<過去の話:動詞過去形>

第5章 「前置詞」はどう考える? (「位置語」と「一体」)
18 「東京に住んでいる」<「どこ」欄:位置語>
19 「犬をつれて……」 <位置語の威力>
20 「7時に起きる」 <「いつ」欄の言い方>
21 「一体」の連結器 <どこでも‘of’>

第6章 フレームはいつも一つか?
22 「親文」・「子文」 <小さなフレーム:不定詞>
23 「タバコ、やめます」 <〜すること:動名詞>
24 「自分はバカだったと思う」<「主語つき子文」@>
25 「歩いていたとき……」<「主語つき子文」A>
26 「さっき見た犬」<「主語つき子文」B>

第7章 「助動詞」なんてあるのか? (ジャッジ語:‘will’‘can’・・・)
27 「あした、パーティー」<be going to>
28 「そうだ、京都、行こう」<will>
29 「弾けるよ」<行動の判定:ジャッジ語(助動詞)>

第8章 「ケンちゃんが、ぶった」 (主語はどっち?:受け身)
30 「トムが殴られた」<受け身の言い方>
31 「びっくりした」<Bパターン的な受け身>

第9章 日本語にも「現在完了」はあるか?
32 「もう何度も言ってるよ」<現在完了とは何か>
33 なぜ「過去分詞」? <受け身分詞、完了分詞>
34 「そのときは、もうすでに」<過去完了、その他>

第10章 「箱に何が入っているの?」 (問いの文、否定表現)
35 「これ、ほしい?」 <何かを問う言い方>
36 「何がほしい?」 <「wh-語」を使った「問い」>
37 「箱に何が入っているの?」 <「wh-語」が主語>
38 「時間がない」 <否定表現1:‘not 〜’>
39 「ノー」と「無」<否定表現2:‘no 〜’>
40 フレームの共有・欄の省略 <問いへの答え方>

第11章 「大きい」って、何が基準か? (形容詞、副詞の比較級と最上級)
41 「こっちのほうが」 <比較の基本>

第12章 「基本」はどう変形するか? (文の変形、省略)
42 文の変形<Aパターンの骨格の変形>
43 他の「骨格の変形」<それでも、A、Bパターン>
44 「……、じゃないか?」<つけ足しの「問い」>
45 ことばは経済的に<関係詞、接続詞の省略>



大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」の評価
ノウハウ形の情報商材(うつ病の治し方、ダイエットの方法、水虫の治し方)などはインターネットや書籍をまとめただけのものが多く、正直、私でも書けるのでは?と思うようなものが多いです。

おそらく、販売業者がライターを雇って、魅力的な宣伝文句をつけて情報弱者からお金を巻き上げている場合が多いでしょう。

ですが、この『(改訂版)大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」入門 日本語がわかれば、英語はわかる』は本当に専門の知識を持っている方が書いています。

かなり言語学に精通していないと書けない内容です。ライターを雇って、適当に英語の書籍をまとめただけというものではありません。

内容についても販売ページで詳しく書かれています。そして、こちらの情報商材、価格が2480円と一般書籍と同じ価格設定です。

英文法を勉強するとして、わかりやすさで言えば『英文法のトリセツ』シリーズが確実にオススメです。ですが、ちょっと専門的に深く勉強したい、英語を教える人間として、何か新しい視点が欲しいという方にはオススメです。

一般書籍だと、著者のサポートはありません。ですが、こちらの情報商材だと30日間のサポートが受けられます。2480円でサポートありは安いです。

そんな(改訂版)大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」入門 日本語がわかれば、英語はわかるををAAA級優良教材に認定します。