女性を楽しませる初デート術のレビューと評価

■ 販売業者
株式会社 ウェスポーランド

■ 著者
西園寺のび太

■ 運営統括責任者
鹿野浩史

■商品名
女性を楽しませる初デート術


女性を楽しませる初デート術の目次
第1章:オッカムの剃刀デート
デートは俳句です
自分に自信がないあなたへ
どこでデートするか?<心理障壁はとにかく下げろ>
デートのすべてをコントロールする
デートで必ずやっておくこと
会話について
トラブルシューティングQ&A

第2章:「マインド」と「感情を揺らすコミュニケーション」
彼女の心を揺らす
男を見せる
女性が欲しい3人の男性とは?
コップの水を溢れさせろ<感情コミュニケーション>
彼女の心を揺らす技術<コミュニケーションの3つのモード>
3つのモードの陥りやすい危険性
自分に自信がないと陥る<3つのモードのダークサイド>
3つのモードをずらして揺らす。掴ませない
大人を見せる<心理療法士の話を聞く技術>
少年を見せる<ボールを投げる技術>
父親を見せる<ぶった切る技術>

第3章:「見せる」から「魅する」へ
自己イメージについて


女性を楽しませる初デート術の評価

著者である西園寺のび太氏は、『女性を楽しませる初デート術』を販売したときは文章を書くという経験がまだ十分にないのだろうか?

第一章は内容として十分だが、第二章、第三章とページを進めるごとに内容のクオリティが落ちている。

第二章は恋愛商材ならよく見かける内容、第三章になると、たったの1項目です。自己イメージを上げて女の子にモテる方法について書いていますが、これを数ページで説明するのは不可能です。たった、数ページしか書いていないところを見ると、力尽きた感があります。

では、内容についてレビューしていきます。

第一章からは『どこでデートするか?<心理障壁はとにかく下げろ>』です
一番、内容として面白い部分です。初デートはどこでするべきか?というテーマで書かれています。著者の西園寺のび太さんは初デートで遊園地やショッピング、映画館などリスクのあるデートはするなと言っています。

私も初デートで遊園地やショッピングはオススメできません。なぜなら、遊園地やショッピングとなると、デート時間が長くなります。また、遊園地、ショッピングとそれぞれ彼女があなたのことを『つまらない』と思ってしまうリスクがあります。

遊園地だと、乗り物に乗る前の待ち時間、また天候による熱い、寒いなどがリスクです。彼女が不快を感じたら、それはたとえあなたの責任でもなくても、あなたに対する評価になってしまいます。

ショッピングもブラブラ、目的もなく時間を過ごすのは『退屈』という評価になってしまう可能性があります。

西園寺のび太さんは初デートでは食事を勧めています。私も同意見です。食事だと、無難なデートができます。マイナス点をもらう可能性は低いです。


第二章『女性が欲しい3人の男性とは?』のレビュ

女性が欲しい3人の男性とは少年、大人、父親です。少年の心を持った状態だと、彼女を楽しませることができます。大人の心をあなたは彼女の話を上手に聞くことができます。そして父親としてのあなたは、うまく彼女をリードします。この3つの心を上手に使い分けることが大切です。

恋愛本で書かれていることを少年、大人、父親というシンボルを使って、頑張ってオリジナル感を出そうとしていますが、恋愛本に書かれていることの劣化版という感じです。


第三章『自己イメージについて』のレビュー

自己イメージが低いとモテないですよ。だから自己イメージを高めて下さいという内容です。

で、どうやってするか?

西園寺のび太さんは自己イメージが低い理由も元をたどれば根拠はない。思い込みだよ、想像は自由です。だからポジティブになろう、と言っています。

めちゃくちゃいいかげん!

まず自己イメージが低くなったのは明確な理由があります。環境により自己イメージが決定されます。たとえば、女の子にふられまくったとします。そしたらその経験は確実に自己イメージに影響を与えます。

ポジティブに考えよう!で自己イメージが上がったら世の中苦労しません。

第一章は面白いですが、だんだん書く内容のネタがなくなったのか、第二章と第三章は微妙でした。そんな女性を楽しませる初デート術をA級商材に認定します。